記事タイトルに入れる順番

 

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市1975年生まれの男性です。ブログを書いて生活しています。ブログは40個あって、いろいろテストしています。ひとの役に立つブログをかけるように日々勉強しています。よろしくお願いします。

僕の生徒さんに、記事を書いてもらいました。

狙っているキーワードは

1、体幹・2、鍛える方法・3、簡単 

だそうです。

実際の記事はこちら

記事タイトルが重要

ブログを書いて、ご飯食べていくなら、記事タイトルが一番重要です。

ブログを作るときには、なによりも一番記事タイトルが重要です。

そして、記事タイトルに使うキーワードは、

この生徒さんのように

1番に何をメインキーワードにするのか?
2番は何をサブキーワードに?
3番は何をサブサブキーワードに?

と、順を追って考えないといけません。

これが、できていないと、自分の脳内で発生した

『こんな感じで、ユーザーって検索してるんじゃない??』

みたいな、自分目線な勝手キーワードが生まれてしまいます。

今回の事例で照らしてみる

今回の事例で照らしてみると、まず、第一キーワードが『体幹』になるので、”体幹”と検索窓にいれます。

すると、

2、鍛える方法

という第2キーワードが出てきました。文脈的にも、よさげですね。

そして、第3キーワードをえらぶのですが

3,簡単に

というのが、でてきました。

ここまでわかりますか?

1の軸キーワードからくだり、2,3と深堀していくわけです。

1主語 2補語 3補語

になるわけです。1がメインキーワードになるのだから、当然ですね。

稼げてない人の思考パターン

稼げてない人は、メインキーワードが補語になってたりするわけです。

簡単に
すぐに
やさしい
すぐできる

とかって、言葉たちが、補語です。

1簡単 2すぐに 3体幹を鍛える

とかっていうふうに、メインとなる軸が

1簡単
2すぐに

とかの補語にしちゃって、自分で3キーワードを生成しちゃってるパターンですね。

これではいけません。

これでは、出来上がりは、似たような記事が出来上がりますが、『上位表示できるスキルを身につける』という点で長期的に見ると、収益は、まったく違う結果になります。

キーワードの捉え方が、自分目線だからです。

軸キーワードは一番左に置く

今回の生徒さんは、記事タイトルに

『これならできる!簡単に体幹を鍛える方法』

という記事タイトルをつけました。これは、なにか雑誌の特集のキャッチコピーや書籍の題名のようですね。紙媒体なら悪くないと思います。

しかし、私達は、WEB媒体で勝負していますので、WEBのルールを身につけないといけません。

せっかく、ねらってるキーワードを

キーワード 1、体幹・2、鍛える方法・3、簡単  

という風に軸を中心に、捉えることができているのですから。

『体幹を鍛える方法。簡単に出来る!』

等、しょうしょう、語呂がわるくても、順番を順守することが大事です。”これならできる”とかは、フック文でありますが、キーワードではないので、なければなくてもいいし、せいぜいつけるなら、後回しが鉄則です。

これが、通常の手順です。ここまで、わかりますか?

1,2,3の順番をかならず守る!!

イレギュラー

しかし、ここでイレギュラーを紹介します。

でも、いま、ヤフーで見てみたら、体幹でたどっていったら、

こんな検索結果と虫眼鏡がでてきました。

Yahoo側で「簡単に体幹を鍛える方法」ってズバリなキーワードがあるよって、提示されているんですね。

たまに、Yahooで順番が入れ替わってるキーワードがあるよ。と教えてくれる場合があります。

だから、答えはおのずと

『簡単に体幹を鍛える方法』

って、ズバリな記事タイトルでかけばいいわけです。

ここまで、わかりますか??

記事タイトル、順番を守るってのは、僕の生徒にはかならずアドバイスしています。ここが身につかないと、長期間、WEBの土俵で戦っていけないからです。

これは、最重要項目です。

これが、出来た人は100万稼げます。できない人は、5000円が稼げません。それくらい、根幹となる考え方です。

さて、この生徒さんは、どれくらい稼げるブロガーになるでしょうか?

みなさんも、よく見て勉強してくださいね!!

実際の記事はこちらです。

もし、この記事を面白い興味深いと感じる方が多ければ、動画などで解説いたします。

Similar Posts:

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市1975年生まれの男性です。ブログを書いて生活しています。ブログは40個あって、いろいろテストしています。ひとの役に立つブログをかけるように日々勉強しています。よろしくお願いします。
 

Copyright© 藤田マリオのネットビジネス , 2017 All Rights Reserved.