読者さんが読みやすい記事の書き方『改行編』

こんにちは。藤田摩利男でございます。今日もネットビジネスで3万円稼ぐための基礎のお勉強を一緒にしましょうー。

今日は、2018年の今、読者さんが読みやすい記事の書き方をお伝えします。とくに『改行』の仕方をマスターすると、2018年の今とっても読みやすい記事が書けますよ。

スマホの画面の横幅が変わってきているので、年々読みやすい文字数はかわってきています。

結論からいうと、2018年は、1行50文字が一番読みやすい文字数です。

改行のダメな例

結構、みなさん、ブログって言うと、芸能人のつれづれ日記みたいなのを想像されるみたいで

ちょこちょこ書いたら改行
ちょこちょこ書いたら改行
ちょこちょこ書いたら改行

みたいなスタイルで書く人が多いんですね

それって、

芸能人が、日常のささやかな『素の私をみてね』っていう切り口が売りだから成立してるんです。

ちょこちょこ改行のスタイルで書くと、芸能人なのに素人感、抜け感があるからウケるんですね。

それは、世間のみなさまは一般てきに

『10文字とか20文字でくっついている改行で、改行、改行がつづくブログは素人のブログ。』

って思ってるってことですよね。

改行のいい例

僕達が書くべきブログは、読みに来た読者さんが

「あ、しっかりした情報が書いてありそうだな!」

って、思って、しっかり読んでもらえるブログです。

読者さんの頭脳に負担がかからず、かつ、見た目的にもしっかり書いてありそうなブログです。

滞在時間がなるべく長いブログです。

『読みやすく短文構成でできてるブログはこだわってあるブログ。』

みたいなイメージです。

具体的にいうと、一文を50文字から60文字で言い切りで ”。”の句読点をつけて、1行あけで改行する。

長い意見を言いたいときでも、せいぜい、ひとつの言いたいことを、1行(約50文字)を3つならべた3行(約150文字)の中で言いたいことをコンパクトにまとめる。

これが、いちばん、読者の疲れている頭脳にも負担をかけませんし、見た目的にもバカそうにみえないw。ブログ文章の書き方です。

あと、蛍光ペンをいれるときは、かならず、1行をまるごと蛍光ペンをいれるようにします。蛍光ペンと普通の文字がまざると目に読みづらいので、

蛍光ペンいれた文字と、普通の文字は、同じ行でまざらないように気をつけます。

あ、ぼくは文字数をカウントするときは、このサイトを使っています。

それでは、こちらの記事で、短文構成での記事の書き方を覚えてくださいね

アフィリエイトを始めたばかりの友人に質問されました。 友人「ねぇー。記事はなん文字で書いて、キーワードは何パーセントくらい散りばめれば...

こつこつ勉強していただければ、ネットで3万円稼げるようになりますよ!

メルマガもやってます。

フォローする