503サーバー落ち”503サーバーエラー”にならない3つの解決策

ブログ組のみなさまへ、特にトレンド性の強いブログをやっている方へ

【2万円、3万円単位の損失をださないために】

503サーバー落ち問題提起

最近、ぼくの身の回りの、ブログで、アクセスが過多になり、503サーバーエラー。いわゆるサーバー落ちをする人が増えています。アクセスが爆発していると、ウキウキハッピーになり、記事追加で、ガソリン追加することに夢中になり、サーバーメンテナンスの事まで、頭がまわらないものです。

この503サーバー落ち問題を例えるなら、こんな感じ

503落ちすると、一番の稼ぎ時に、店が閉店している状態になります。

クリスマス前に、トイザラスが臨時休業
バレンタインデー前に、チョコ屋が、臨時休業
土用の丑の日に、鰻屋さんが、臨時休業

こんな状態です。もったいないですよね・・・(笑)

503落ちは、その当日だけでも、3万円、長期的な視点でみたら、後日グーグルの評価が下がることも、考えたら、10、20、万円相当のダメージです。←大げさかもしれませんが(笑)

こんな場合は503サーバー落ちに注意

あとは、エックスサーバーのx10なら、1日に、複数ブログで5万PV、あるいは、ひとつのブログで、アクセスが3万越えだしたら、そろそろヤバイ兆候なんで、あらかじめ、手をうっていきましょー。

503サーバー落ちの事前対策

日頃から、ブログにアップする画像は、極力、小さいキロバイトのものをアップしていきましょう~。

画像を保存するときに、

1:横幅*縦幅の画像自体が馬鹿でかい場合は、横幅は320pxくらいにする。*1
2:上書き保存で、圧縮率を変える、トレンドブログなら、50%の圧縮率がいいです。
3:画像を格納するサーバーを別にわけておく*2

などしていけば、かなり小さくできますよ。

*1トレンドブログは、9割がスマホからのアクセスなので、横幅320pxあれば、充分かと思います。
*2フジタは、サーバーを4個契約して、img src を別のサーバーから呼び出すようにしています。

根本的な503サーバー落ちの解決策は

・x10サーバーを複数契約してアクセスを分散する
・WPXを契約して、高性能サーバーを使う。

フジタは、x10サーバーを複数契約派です。

複数分散させるメリットは、リスクが分散される、プラグインなどの実験も、アクセスの少ないブログでためせるなどの、リスクヘッジメリットです。管理が手間になるというデメリットもあります(笑)

503対策について、フジタの記事はこちらです

プニコさんは、WPXで、パワーアップ派です。

WPXへの移行などは、プニコさんのブログにくわしく、これから書いてくれると思うので、ご参照ください。分散させないメリットは、ドメインパワーがとことんつよくなることです。すぐにインデックスされて上位表示がとりやすくなる。

プニコさんのブログはこちらです。

というわけで、ブロガーのみなさま、先手先手で考えていきましょーー。

メルマガもやってます。

フォローする