2016/05/13

google adsenseプラグイン。スマホでも勝手に最適化してくれる

 

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市1975年生まれの男性です。ブログを書いて生活しています。ブログは40個あって、いろいろテストしています。ひとの役に立つブログをかけるように日々勉強しています。よろしくお願いします。

今日は、ワードプレスでアドセンスの貼り方についてご紹介します。google adsenseプラグインと言って。スマホでも勝手に最適化してくれるすぐれものです。

アメブロとちがって、ワードプレスは、広告料が自分のものになるのが、いいですよね。この広告料だけで、レンタルサーバー代、ドメイン代、元がとれちゃいますね。人気ブログになれば、30万くらいもらえますから、つつましくすれば生活できちゃうレベルですよね。(笑)

アドセンス広告の貼り方

ちょっと、余談になりますが、ここで、アドセンスの歴史をすこし紐解いて、アドセンスの貼り方の歴史をまとめておきました。

一番、原始的な貼り方が、記事中に、そのまま、アドセンスのコードをぶちこむこと。

二番目に、原始的なのが、外観→テーマの編集から、single.phpの中に、そのまま、アドセンスのコードをぶちこむこと。

これをすると、全ての記事で、同じ場所に表示できます。でも、出したくない記事でも、でちゃうのが、問題かな?

三番目は、アドセンスマネジャーって、プラグインを使って、そのプラグインのタグを、single.phpにぶちこむこと。

2014年は、この手法が一番、シャレオツなアドセンスの広告の出し方で、当時は、これが一番便利でした。

ブログに広告を差し込むにはアドセンスマネージャー adsense managerっていうのを使っていました。

2016年のアドセンスの貼り方

2015年から、Googleが公式に公開している、プラグインが発表されました。当時は、Google publisher program みたいな名前だったと思います。2015年の夏頃に、名前が変更されて、その名もずばりの、google adsense プラグインっていう名前になりました(笑)。わかりやすいですね。

というわけで、2016年の現在でも、このグーグル公式プラグインを利用しています。

ですので、みなさまには、google adsense プラグインをおすすめしています。

おなじみのワードプレスの新規追加で、インストールできます。

adsense1

記事中の広告の配置

で、見てる人にとっては、うっとおしいかもしれないけど。

記事中で、一番上のトップ、1番目のパラグラフの下、2番めのパラグラフの下の順に記事の中にアドセンス広告をだす。これが、いまんところ、みた感じ収益率が一番高い方法です。

そして、設定がすむと、このような画面になります。

ad2

詳しいプラグインの使いかた、設置方法はこちらの動画で説明しております。

2014年以前の大昔のアドセンスの貼り方

さらに余談・・。

スマホ用に最適な広告の表示をするには、アドセンスアカウントの中に、レスポンシブ広告ってのがありまして、それを選べるようになっておりました。

パソコンの場合は大きい長方形レクタングル、スマホの場合は、薄べったい長方形の広告が、自動的に選ばれて出てくるようになっている広告です。それが、レスポンシブ広告というものがありました。

大昔のグーグルアドセンス広告

グーグルアドセンスも、レスポンシブ広告を選ぶ。

そうすると、スマホには、小さい広告。パソコンには大きい広告を、自動的にだしてくれる。

01r

グーグルが推薦してる、モバイル用の320*100と300*250ってのの2つだけ使えばいい感じでした。

01q

懐かしいですね。

一番上に、レスポンシブ。真ん中と一番下に300:250の、四角、正方形ぽいやつ使っています。

2014年の大昔だと、iPhoneも画面が、320ピクセルしかなく、さらにブラウザは、もっと幅が小さかったので、336:260ピクセルの広告サイズだと、画面からはみ出しちゃうので、当時は、300:250の広告サイズを使っていました。

パソコンでみる場合も、ブログのメインカラムが600ピクセルしかない場合が多いので、336ピクセルはデカく感じましたね。300だと、ブログの記事中に2つ横にならべることもできるので。それを利用しているブログ管理人様も多かったですね。

Similar Posts:

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市1975年生まれの男性です。ブログを書いて生活しています。ブログは40個あって、いろいろテストしています。ひとの役に立つブログをかけるように日々勉強しています。よろしくお願いします。
 

Copyright© 藤田マリオのネットビジネス , 2016 All Rights Reserved.