日本語ドメインの効果とデメリット

日本語ドメインは強力なので、日本語ドメインとって、シリウスというHTMLサイトを作る。作るサイトアフィリって手法が流行ってますね。日本語ドメインのサイトなら、そういうペラページでも現状は上位表示できます。今は、かなり、日本語ドメインが乱立しててサイト戦国時代ですよねー。

率直な感想として、日本語ドメインは、検索に強いと思います。そのうえ見た目も、覚えやすくていいです。しかし、デメリットもいくつかあります。

日本語ドメインについて効果とデメリットをまとめていきます。

まずは、効果、メリット面から。検索エンジンの検索対象は、記事の見出しや本文だけでなく、URLの文字列も含まれているんですね。Yahooで検索していただければ、わかりますが、

URLの文字列に、日本語で任意のキーワードを入れられるということは、SEO効果をぐーんと高めることができるんです。URLの中に日本語の文字列を入れると、SEO効果があります。これは、断言できますね。

ワードプレスのパーマリンクも、ワードプレスのスラッグってので、日本語などの文字列にすることが出来ます。

URLの一部、あるいは、全部が、検索したワードになってるとすると、相当、ユーザーに与えるアピール度が大きいですね。あとは、検索一覧で、人間の目につきやすいので、クリック率があがります。そしてそれが検索エンジンの評価あげる、良い循環に結びつきます。

日本語ドメインのメリットとデメリットまとめ

しかし、SNSにシェアされるためにも、一番最初は、上位表示されて、クリックされて、読まれなくてはなりませんからデメリットを上回るメリットが、日本語ドメインにはあります。日本語ドメインを使いこなして、検索の戦いをメッシ並のドリブルで抜いて上位表示出来るすきを見つけてくださいね。

おまけ。収益率の高いキーワードの見つけ方

ブログをつくろうと思って、日本語.com 日本語.jp が何件もあって。さらに日本語.biz 日本語.xyz までひしめいているとなると、相当な激戦区といます。日本語ドメインがたくさんひしめいていたら、そのキーワードは相当かせげるキーワード。ということになりますね。たとえば、自宅でできる脱毛器などがそうですねー。

メルマガもやってます。

フォローする