情報商材ASPまとめ。インフォトップ、インフォカート。

情報商材を扱っている、ASPって、いくつかあるんですけど、有名なところでは、インフォトップ、インフォカート、アドモールがありますね。それぞれの特徴をまとめました。

アドモール

比較的新しくできた、情報商材ASPさんです。良いところは、アカウントをひとつ作るだけで、購入者、販売者、アフィリエイターとしてのアカウントがまたがって利用できるということです。これは、インフォカートもたしか、そうでしたよね。

他には、アフィリエイターをアフィリエイトするって仕組みがあるのですが、それは、まだ使ったことがないので、わかりません。これから、普及してくるASPさんだと思います。

インフォカート

昔は、インフォカートをよく使っていました。まず、最初にわるいところは、デザインがダサいところです。むか~しのHTML時代ぽい感じがするサイトデザインです。

よいところは、これは、アドモールよりも、インフォカートの方がオリジナルだと思うのですが、アドモールと同じく、ひとつのアカウントで、購入者、販売者、アフィリエイターとしてのアカウントがまたがって利用できます。

これは、アフィリエイターとして、2万円稼ぐと、その2万円分のポイントを使って、そのぶんの情報商材を、購入することができるということです。現金で振り込んでもらってから、また、クレジットで、情報商材を買うと、2度手間ですもんね。振込手数料などを節約できるし、入金待ちの時間差もないので、非常にすぐれたシステムだと思います。

ただ、最近は、インフォトップを利用することが、一番多いですね。

インフォトップ

アフィリエイターの聖地のinfotopってASPですが、ちょっと抵抗あったんですね。最初は、インフォトップって怖そうなイメージを持っていました。まず、販売されている、商品が、商品名を聞いただけでは、意味不明な商品が多すぎます。そして、かなりの匿名文化です。販売者が、ニックネームみたいな人がすごく多いですね。特定商取引法のページを開ければ、ちゃんと、本名が書いてありますが、どこまで、本当かわかりませんしね(笑)。

infotopの情報商材って、やっぱ、『小学生でもコピペで100万円、さあ、さあ、今すぐ!!』カチャカチャカチャカチャ←時計のカウントダウン。みたいなイメージです。あやしすぎる商材が多すぎます。まあ、infotopに関わったら、与沢翼さんみたいな人(笑)から、射幸心を煽るメルマガがめちゃめちゃ送られてきて、ケツの毛までむしり取られるイメージでした。

で、アフィリエイターさんが、よく使う言葉で『リストを取る。1リスト、何十円、何百円。濃いリストを作って売り込む』とか、そういう言葉使いにも『そういう風にドライにビジネスできる感覚が羨ましいなー。』って思いながらも、自分とは、関係ない世界かなー。って思ってたんですね。

でも、このアフィリエイターさんに出会って、印象が全くかわりましたね!

で、そのあとは、まあ、インフォトップに対するアレルギーもなくなり、今でも、違和感は感じますが(笑)。かなり、良質の商品も売られており、いいアフィリエイトサービスプロバイダだと思います。

メルマガもやってます。

フォローする