2016/01/31

コメントは入らない設定にする

 

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市1975年生まれの男性です。ブログを書いて生活しています。ブログは40個あって、いろいろテストしています。ひとの役に立つブログをかけるように日々勉強しています。よろしくお願いします。

まず、ブログをインストールしたら、コメントは入らない設定にします。いろいろな意見があると思いますが、僕のいちおしは、コメントが入らない設定です。

コメントを入らない設定のメリット

そうすることのメリットは、まず第一にスパムコメントが入らない。第二に、スパムコメント対策のプラグインをインストールしなくて済む。第三にコメントに返信する労力がセーブできる。

スパムコメント対策のための労力

あとは、300スパムコメントが入っていると、そのうちの1つが、普通に読者さんからのコメントだったりして、スパムコメントフィルターは完全ではない。読者さんのコメントを消してしまう恐れがあるため、スパムコメントも完全削除するまえに、一通り目を通さないといけない。

ざーーーっと見ることができるのだが、それも500件くらいになると、結構たいへんである。あとは、スパムコメントを削除するコマンドも、SQLのデータベースにアクセスするためか?以外と時間がかかる。5秒くらいかかって、もっさりしてる。

デメリットは、コメントがないと寂しいと思う(かもしれない)(笑)

コメントが入るメリット

コメントが入るメリットは、コメントは、親近感の生成や、コメントが入ることにより、記事が更新されたとみなされるので、SEOの効果がある。賑わい感の演出などあります。

総合的に考えて選んだ選択

これらを鑑みても、スパム対策に労力をとられることは、もっと大きいディスアドバンテージを負うことだと、ぼくは、判断します。なので、コメントは入らない設定にします。

ファン読者さんとのコミュニケーション

ファンの読者とのやりとりは、必要がありますので、ぼくが行っている方法を2つご紹介します。

1:メルマガに登録していただいて、そこから返信メールで、やりとりができるようにします。
※それさえも、量が多くなると、返信できませんが^^。

2:チャットワークに登録していただいて、そこで、やりとりをします。新しいサービスに登録するということは、かなり労力をようしますので、熱心な読者さんとのつながりがもてます。

【コメント入らない設定方法】

『設定』→『ディスカッション』→上から3つチェック外す

come

すでに、記事が投稿されていた場合、『投稿一覧』→『クイック編集』で『コメント許可する』『ピンバック』のチェック外す

come2

以上で、コメントが入らない設定にできます。スパムコメントを削除することに疲れていましたら、お試しください。^^

Similar Posts:

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市1975年生まれの男性です。ブログを書いて生活しています。ブログは40個あって、いろいろテストしています。ひとの役に立つブログをかけるように日々勉強しています。よろしくお願いします。
 

Copyright© 藤田マリオのネットビジネス , 2016 All Rights Reserved.