2016/10/07

無料ブログでブログをやるデメリット

 

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市1975年生まれの男性です。ブログを書いて生活しています。ブログは40個あって、いろいろテストしています。ひとの役に立つブログをかけるように日々勉強しています。よろしくお願いします。

まずはじめに、あなたが、電車にのったら、身の回りでどれくらいの人が携帯をいじっていますか?その中で、スマホは何割ですか?

はい、そうですね。10割です。今、インターネットにアクセスするユーザーの8割がスマホユーザーなのです。今日は、この8割のスマホユーザーが対象となるサービスをご紹介します。

そのまえに、ちょっと復習してほしいことがあります。

無料ブログを自分で見てみる

僕が、下克上のテキストを読んで、練習してたころのアカウントがありましたので、それにアメブロからの記事を転載して、いちおう、記事をいれてみました。

この記事をスマホで開いて見ていただきたいのですが
↓↓↓
自分練習用ソネットブログ

この時、いくつ広告が出ていますか?これらの広告はすべてソネットが出している広告です。ぼくの広告はひとつも出ていません。

無料ブログの運営は無料ブログ会社を儲けさせること

現在の無料ブログのスタンダード

パソコンで見ると、僕の広告が出る、

スマホでみると、ブログサービス会社の広告がでる。

現在のインターネットのアクセスの8割は、スマホのアクセスです。

もし、あなたが、無料ブログで2万円稼げるようになったら、それは、同時にブログサービス会社には、8万円の利益を献上していることになるのです。

昔からそうですよね。土地を持ってる大名に年貢をだしますよね。無料ブログユーザーと、無料ブログ運営会社は、小作農と大名みたいな関係です。

「おい、そこにあるのはなんだ(小日向文世)」
「こし光でございます」
「ぜんぶもってけー」

みたいな感覚です。となると、もう無料ブログで、自分のブログを運営する意味はないとわかってもらえましたね。

スマホで自分のサイトを確認する

ちゃんとビジネス感覚で取り組むためにシェアの大きい、いま流行ってる流スマホにしたほうがいいですよ。

なぜなら。だって、世の中のアクセスは8割スマホですし。インターネットのお金の流れは8割スマホです。スマホをもってなければ、自分では、消費者の目線はみられないってことですからね。

自分でも、世の中と同じ目を持つのが大事なんですね。

「おいあれはなんだ(小日向文世)」
「こし光でございます。(ダンテ・カーヴァー)」

というわけで無料ブログはやめましょう~。

Similar Posts:

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市1975年生まれの男性です。ブログを書いて生活しています。ブログは40個あって、いろいろテストしています。ひとの役に立つブログをかけるように日々勉強しています。よろしくお願いします。
 

Copyright© 藤田マリオのネットビジネス , 2016 All Rights Reserved.