記事の書き方文字数のテンプレート

この記事のタイトルは、記事の書き方文字数のテンプレートとなっていますが、全体の構造を理解しやすいように、以下のように、【[初心者向け]ブログの記事を上位表示させるコツ】というのが、記事タイトルになっている、と仮定して読んでください。

例題:[初心者向け]ブログの記事を上位表示させるコツ

今日は、[初心者の方向け]にブログの記事を上位表示させるコツをご紹介します。初心者の方はブログを作っても、なかなか上位表示できずに、アクセスが集まらないと悩まれる事が多いので、そんな初心者の方向けですが、ブログの記事を上位表示させるコツを簡単ですがまとめました。131文字

※ここがリード文のスペース。この文章量で131文字あります。ここがリード文を書き込むべき箇所です。

ブログがはじまってすぐの部分に128文字くらいを使って、自分が上位表示したいキーワードを2回使って、 どんな内容の記事なのかを簡潔に読者につたえるのが役目です。

※今回は、【初心者向け】 【ブログ】 【記事】 【上位表示】という4語キーワードを、例にしてみました。yahoo には、そんな4語虫眼鏡キーワードはありませんが、仮にあったとして、例ですから、仮定としてすすめます。

 

[初心者向け]ブログの記事を上位表示させるコツ ←これが中見出しです。

例:ここに画像が入っていると、引き締まりますし、あとリズム感がうまれますね。記事の内容と中見出しにあっている画像を入れましょう。今回は、とりあえず賢威の画像を入れておきます。↓↓↓

keni

画像の上↑の太くなっている箇所が、h3タグです。これが中見出しとなります。ここにも、自分が上位表示したいキーワードを全ていれます。4キーワードなら、4キーワードすべて入っているのが理想ですが、ぎっちりすべての中見出し、小見出しに、ぎゅうぎゅう入っていると、ウザいし、目がチカチカします。143文字

そのため、この中見出しは、4キーワードの3キーワードだけ、この小見出しは2キーワードだけにする。など、適宜調整する必要がありますが、どの見出しにも、自分の上位表示させたいキーワードが左に入っているか?を意識する必要があります。初心者さんは、ここを単なる太字だと思ってる人も多いですので注意です。147文字

↑↑↑そして、128文字の文章の固まりを2ついれたら、動画を入れてあげる。この構成がリズム感も良く、見た目のバランスも良く、読者の滞在時間も長く、離脱率が低いブログの記事構成です。

[初心者向け]ブログの記事を上位表示させるコツまとめ ←これも中見出しです

いかがだったでしょうか?今この時点で、900文字程度です。【ブログ】【上位表示】などは、SEOがテーマのキーワードなので、このボリュームでは、上位表示しませんが、つい最近でたばかりの、競合の強さが弱い、キーワードであれば、これだけの分量でも、上位表示できます。130文字

[初心者向け]ブログの記事を上位表示させるコツその1←これは小見出しです

この↑太字の部分は、h4タグをつかった小見出しです。ここにも、4キーワードを入れてあげることにより、一貫性がさらに高まっていきます。テーマをさらに深掘りしていくときなどは、この小見出しを有効に使うといいですね。中見出しの中に、その1、その2、その3など、小分けにしたいトピックがあるときに便利です。149文字

[初心者向け]ブログの記事を上位表示させるコツその2←これも小見出しです

今は、例なので、ひとつひとつのユニットには、画像や動画はいれませんが、実際の記事では、ひとつひとつのユニットに、画像や動画を入れていくことにより、記事をより、グラフィカルににぎやかにできますし、「わかりやすく伝えようとしている熱意のあるブログだな。」ってひと目でわかりますよね?139文字

[初心者向け]ブログの記事を上位表示させるコツ。記事を締める ←これも中見出しです

記事を締めるときには、この記事を読んだ人は、この記事も気に入って読んでくれるだろうと思われる、関連する記事、2ページめのおすすめを必ず提案してあげましょう。居酒屋さんに新規のお客さんを呼びこむよりも、すでに今、客席に座っているお客さんにおかわりをすすめましょう130文字

すでに店内にいるお客さんに「もういっぱいビールいかがですか?」とすすめた方が、売上をあげるのは、やさしいということに似ています。これは、『新規顧客をさがすより、既存顧客の方に、リピートしてもらう方がビジネスは捗る。』という、山本尚平さんって、人が言っていた”例え”です。135文字

なので、あなたは、この記事も読むと、さらに、ブログの上位表示についての知識が深まりますよ。おすすめの記事です
↓↓↓
SEOで上位表示できるブログ記事の構成の全体図

メルマガもやってます。

フォローする