2016/02/26

具体的な表現を使う[ブログライティング基礎]その2

 

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市1975年生まれの男性です。ブログを書いて生活しています。ブログは40個あって、いろいろテストしています。ひとの役に立つブログをかけるように日々勉強しています。よろしくお願いします。

ブログを上位表示したいですよね。そのためにいろいろなSEO術を勉強したりすると思います。でも、一番有効な上位表示術って、読んだ読者さんに気に入ってもらうことです。

そうすることにより、SNSでシェアされて、良質な被リンクがつき、結果的に上位表示されるのではないでしょうか?読んだ読者さんが、『面白いな』って感じる事が、一番のブログ上位表示術です。

ブログ上位表示のための鉄則1

抽象的な表現を使わない

ブログを添削していると、あいまいな表現を多用している方が、多く見受けられます。あいまいで、抽象的な表現は、あまり、情報を提供する”ノウハウブログ”にはふさわしくありません。

になるかもしれません。
◯◯らしいですよ
だと思います

みたいな、表現は、極力なくしましょう。それだと、ブログの信ぴょう性や、信頼性がえられませんので、1000記事書いても、アクセスはあつまりません。じゃあ、どうしたらいいのか?

ブログ上位表示のための鉄則2

具体的な表現を使う

読者さんは、『具体的な”ハウツー”を知りたがる』んですね。

・何回やる
・何秒やる
・一日何セットやる

そういう情報ですね。

↑これ、おぼえておくと、すごくいいですよ。

あなたは、『かもしれないね。』みたいな曖昧な文章を書いていませんか?抽象的なことも、いちいち具体的にしてあげると、それだけで、ひとつの立派なコンテンツになるのです。ブログの価値が高まります。

極端な例ですけど

抽象的

『この動画みたいなことをすると、やせるかもしれませんね。やり方は、こういう風なかんじだと思います』

具体的

『このエクササイズを1日5分2回だけやると、5kg痩せます。やり方はこうです。』って書いてある記事と

って、書いてある記事だと、どっちが読みたいですか?という事なんです^^。

あなたは、ブログの記事を書く前に必ず、机の前や、パソの画面のフチに

『ぼんやりした書き方はしない。』
『回数、時間、量など具体的なことを言う』
『全部、ですます調で言い切る。』

って、書いた紙か、ポストイットを貼っておいてください。これを心がければ、10万円プレイヤーになりますよ!。

次の記事はこちらです
↓↓↓
ネガティブ表現をポジティブ表現に変える[記事の書き方コツ1]

Similar Posts:

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市1975年生まれの男性です。ブログを書いて生活しています。ブログは40個あって、いろいろテストしています。ひとの役に立つブログをかけるように日々勉強しています。よろしくお願いします。
 

Copyright© 藤田マリオのネットビジネス , 2016 All Rights Reserved.