短文構成にする|読みやすいブログ記事の書き方

アフィリエイトを始めたばかりの友人に質問されました。

友人「ねぇー。記事はなん文字で書いて、キーワードは何パーセントくらい散りばめればいいの?」

藤田「いやいや、そんなことより、人が読んで、読みやすい文章を書くことが、最初は大事だよ!」

まず、最初に今日ご紹介する、『短文構成』これをマスターしてね!

短文構成の概要

パソコンやスマホの画面で、記事の文章を読みやすくすることが必要です。

それには、なるべく短いセンテンスで 。 をつけて区切ること!、これをこころがけてください。

、 や 。 などの、句読点を多めに使って、読みやすくしてください。

いがいと、句読点をつかわずに、ぶっ続けで、文章を書く人が多いのですが、句読点がないと、読みにくいですね。

あとは、”、” で文章を切っていくよりは、なるべく”。”で、早め早めに、1回づつ、言い切ってください。

言い切りの文章が読みやすいです。

そして接続詞で、また文章をはじめた方が、より読みやすくなります。

↓↓↓の例を参考にしてください。

短文構成になってないよみづらい例

悪い例

ブログ記事でたくさんの訪問者に記事をみてもらうためにはたくさんの記事をかくよりも、みじかい文章であっても訪問者さんに満足してもらうコンテンツを提供することが大事ではあるんですけど、それとあわせて読みやすい、文章でベネフィットを伝えていることも大事なんです。

ブログ書き始めた初心者さんだと、ついつい、こういう文章になりがちです。

”。”の句読点で句切らないと、何言ってるか?わからなくなるんです。

主語、修飾語、目的語、が、どこにかかってるのか、わからなくてカオスですよね。

短文構成になってる良い例

良い例

ブログ記事を、たくさんの訪問者さんに見てもらうためのコツを紹介します。

ポイントが2つあります!。

まず、1つ目、訪問者さんに満足してもらえるコンテンツを提供すること。これが大事です。

良質であれば短くても構いません!。

2つ目が、文章の最初に、短い文章で「この記事を読むと何がわかるのか?」を伝える事。

この2つをこころがけると良いです。

短め、短めに、”。”をつけてるでしょ?

そうすると”言いたいこと”が、伝わりやすくなるんです。

2つの文章は、ほとんど、同じです。

しかし後者は、短文構成になっていますので読みやすいですよね?

ブログ記事を書く前に、パソコンのフチに

『短文構成をこころがける』という紙を貼っておいてください。

スマホで見る日本語のブログなら、1行は50文字から60文字前後で1行改行をいれる

これが、目にやさしくて読みやすいですよね。

これをするだけで、あなたもブログ初心者卒業できますよ。

短文構成の応用編

HTMLって英語圏の人が発明した物で、僕たちが書いているブログも、HTMLでできています。

しかもGoogleも英語圏の検索エンジンです。

Google検索エンジンは、もともと英語を読み込む事を前提に作られているので、英語圏の文章を認識するように作られています。

英語圏、アルファベットの言葉の国の文章の作法では、1文章=1つのトピックを1パラグラフで書くというものがあります。

だから、HTMLにも、Pタグという「パラグラフだよ!」と伝えるタグが、存在するわけですね。PはパラグラフのPです。

パラグラフとは、わかりやすく言うと、【文の固まりで文脈を意識する】ということです。

藤田式のブログ記事の書き方で[パラグラフ]で固まりで文脈を意識して書く。

という書き方を推奨しています。パラグラフライティングと言われる書き方にちなんだものです。

藤田式のパラグラフの概要

藤田式ブログライティングでは、むずかしく考えずに

1トピックについて128文字前後の文章で書く。って覚えておいてください。

128文字~140文字は、1つのトピックを書くのにちょうどいい文量ですしね。

twitterも140文字以内で書く仕様になっていますね。

128文字~140文字で1つの文章を書いて、それを3つくらいの 。 で区切られた文に分割して改行すると、

ブログ記事にした時にスマホでみやすいです。

そのうえ要点がまとまっているので、読者さんが読んで理解しやすいです。

厳密にルール化しなくてもよいので、以下のルールを守っていただければ、かなり読みやすい記事を書くことができます。

*パラグラフとは

パラグラフとは、文章の段落。節。です。

パラグラフとは、ある一つのトピックについて述べた文の集まりです。

一つのパラグラフでは一つのトピックだけを述べます。パラグラフの先頭には、そのパラグラフの要約文を置きます。

全く同じトピックについて二つ以上のパラグラフが割り当てることはしません。一度述べたトピックを他のパラグラフで述べない。

逆に、一つのパラグラフの中に、二つ以上のトピックが述べられていることもありません。

ただ、「厳密にパラグラフとはなんぞや」と考えると、時間がかかります。

ようするに、この2つだけ覚えてください

ひとつの文章中に、複数の話題を入れないでよね!

いっかい言った話を何回も繰り返さないでね!

この2つです。

メルマガもやってます。

フォローする