直帰率とは何か?上がるデメリット、下げるメリット

 

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市1975年生まれの男性です。ブログを書いて生活しています。ブログは40個あって、いろいろテストしています。ひとの役に立つブログをかけるように日々勉強しています。よろしくお願いします。

直帰率は、あなたのブログに来た訪問者さんが、もし、1ページ見ただけで、帰ってしまった。『戻る』ボタンを押した。『X』ボタンを押して、ブラウザのタブを閉じた。そんなケースは、100人訪問者が来たとして、どれくらいの人が直帰したのか?その率が直帰率です。

グーグルアナリティクスのデータ

グーグルアナリティクスでは、いろいろなデータが見られますが、トップページで、何のタブも開かないでみられるデータがあります、それが、この3つです。

セッション
滞在時間
直帰率

つまり、データの中でこの3つが、何よりも重要だということですね。この3つのデータを改善していけば、ブログは育っていくわけですね。

それぞれを簡単に説明すると

セッションは、何回このブログに訪問者が来たか?というデータです。

滞在時間は、何秒間、あなたのブログに、訪問者さんがいたのか?または、何秒で帰ってしまったのか?という事です。

直帰率は、冒頭に申し上げたとおりですね。この記事では、直帰率について詳しく書いていきます。

直帰率とは?

直帰率とは、すぐに、自分のページが閉じられてしまったということなので、ユーザーさんにとって、あまり魅力のないコンテンツだ。と、グーグルに判断された。ということになります。

あなたも、思い当たることありますよね?検索者として、情報を探している時、『あ、これは、ろくでもないページだな』って、見た瞬間に直観的にわかるサイト・・・。

そうすると、ページを閉じますので、今のグーグルは、その直帰率が高いのは、良くないサイト。直帰率が低いのは、良いサイトと評価しています。

しかし、いい事が書いてあっても、次に見たくなるようなページが見当たらない場合、その場合は、訪問者が満足していたとしても、ページを閉じるしかありません。

そうならないように、『次はこんなページもあなたにとって面白いページですよ』と提案すればいいのです。そうすることにより、面白い役に立つ記事を作っていれば、訪問者さんは、2ページめ、3ページめと見てくれますので、おのずと、直帰率は下がります。

そうすると、グーグルからも、『このサイトは優良サイトだ!』と認めてもらえるようになり、記事の表示順位がだんだん上がるようになってくるのです。

グーグルは、優良サイトを上位表示したいわけですから、当然ですよね?

めざすべき直帰率

では、目安として、どれくらいの直帰率を目指したらいいのでしょうか?私の経験ですが、50%代が理想的ですが、80%以下にできると合格点です。

80%以下なら、これは、めちゃめちゃ頑張って、達成した数字というわけではなく

ある3つのポイントを抑えるだけで可能です。

・まずテーマを絞ったサイト構成にする
・他の記事が自動的に表示されるプラグインを導入する

一番大事なのが

・つぎに読むべき記事を読者さんに提案する

この3つをこなす事で、案外すんなりと80%以下になります。

私のブログでは、おおむね、直帰率80%以下を達成できているのですが、それでも、いくつかのブログでは、直帰率が80%以上の高いサイトもあります。これは、はやめに対策しないといけないサイト。ということになります。

さて、あなたも、直帰率をさげるための具体的な方法が知りたくなってきましたよね?たった2つのプラグインを入れるだけで、驚くほど、直帰率を下げられる方法があります。

その方法を、この記事で紹介していますので、ぜひ、チェックしてくださいね
↓↓↓
関連記事を記事下に表示するプラグイン。直帰率さげる方法

↑このようにして、次の記事を提案することで、直帰率をさげます。

Similar Posts:

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市1975年生まれの男性です。ブログを書いて生活しています。ブログは40個あって、いろいろテストしています。ひとの役に立つブログをかけるように日々勉強しています。よろしくお願いします。
 

Copyright© 藤田マリオのネットビジネス , 2016 All Rights Reserved.