2016/01/31

なぜ10記事?平均掲載順位の話

 

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市1975年生まれの男性です。ブログを書いて生活しています。ブログは40個あって、いろいろテストしています。ひとの役に立つブログをかけるように日々勉強しています。よろしくお願いします。

一旦、最近、発見した検索のアルゴリズムをご紹介します。これは、僕も、2ヶ月前に出したホヤホヤの検証結果ですので、参考までに、聞いていただければありがたいです。

エリート記事が揃ってるほうが良い

記事ひとつひとつが、検索順位をもっています。(↑Googleサーチコンソールというので、見られるのです)その順位が、すべての記事で、高い方が当然いいんですね。

●300記事あって、検索されない烏合の衆(笑)の記事がごちゃごちゃしてるブログ。

●10記事のみで、よく検索されるキーワードがそろっており、品質が高くて、読者を惹きつける精読率の高い記事がそろっているブログ

2つあったとしたら、当然、後者がより評価されます。

会社に例えるなら、

●300人のダメサラリーマンの会社と
●10人のみのエリート集団の会社です。

Googleは、エリート集団のブログを好むと覚えてください。

↑ここまでは、大丈夫でしょうか??

なんで、サイトマップがいらないと思うか?

話出すと長くなるのですが、で、サイトマップの話ですが、サイトマップって、ブログ記事のタイトルのみを表示するページなんですね。そんなページ読んでも仕方ないから、当然クリックされにくいし、精読率も高くありません。

実際、リンクつけておいても、あまりクリックされないんです。

なので、平均検索順位を下げてしまうんですね。

しかも、10記事しかないブログなわけですから、記事の下の、関連記事に全部表示できるわけです。なので、そもそも、サイトマップもいらないな。それゆえ、サイトマップは、つけなくてもいいな。という結論に達したという事です。

1キーワードで1位~3位で表示できる方法

その結果、最近は、1単語で、1ページに入るブログが増えてきました。

1ページ目の検索結果に出るために、わかったことは、記事数は、少ないブログで、濃い記事を書きます。かかる期間は、時間的には1年くらいかかるような気がします。

あとは、このまえの、サーチコンソールの話につながっちゃいますが

平均掲載順位をあげるために、低品質(ま、自分では低品質とは思ってませんが^^;)で、順位が10位以下のページを非表示にする、他の記事に合流させるなどして、どんどん記事数を減らします。

力を入れて、減らせば減らすほど、わるい評価の記事を非表示にしてるので、当然この平均掲載順位があがっていきます。

がんばって、平均掲載順位を、9位以上としました。※すべての記事が、検索結果の9位前後にはいるということです。私の場合は、アクセスが少ない記事で、2キーワードで9位前後ってことですね。

それで評価がよくなり、検索順位も、また上がるという、いい循環にはいり、アクセスも伸びてきております。その結果、さらに検索順位とアクセスがあがりました。

ブログによっては、2倍のアクセスになったものもありました。

あなたのブログも、いちど”平均掲載順位”をチェックしていただくと、面白いことがおきるのではないかと思います。ご参考になればと思います。

Similar Posts:

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市1975年生まれの男性です。ブログを書いて生活しています。ブログは40個あって、いろいろテストしています。ひとの役に立つブログをかけるように日々勉強しています。よろしくお願いします。
 

Copyright© 藤田マリオのネットビジネス , 2016 All Rights Reserved.