検索画面でのCTRを高める方法

検索画面でのCTRを高める方法

もし、検索結果表示回数が多いにもかかわらず、そのキーワードが、記事タイトルの後ろについてる、リード文に含まれていない。H3タグに含まれていない。などの修正点がある場合、修正していく、

1:記事タイトルの一番左、タイトル文章の先頭に前出しする
2:ディスクリプションにも、2度、3度、その単語を使う
3: h3 h4タグで積極的に使う
4:カテゴリーを別個に作り記事を分けて、URLの部分にも、そのキーワードを露出させる
5:裏ワザ。別ドメインのブログにして、ドメイン自体をそのキーワードにして、301リダイレクトする。
6:超裏ワザ。その301リダイレクトを2週間で切ると、旧ブログで2個の記事。新ブログでの2個までの記事が検索結果画面に表示されるので、検索結果を1位から4位まで独占できる。

検索結果画面を独占したほうがいいって。

検索アナリティクス便利な使いかた

検索アナリティクスは結果をダウンロードして保存もできるので便利です。

検索アナリティクスを、Googleスプレッドシート形式でダウンロードすると、ブラウザ上で、クリック数と、表示回数の関係と、クリック率を勝手に2次元グラフにしてくれるから、すごく便利です。

まとめ

最初の話に戻りますが、SEOというのは、検索結果で上位に表示されることであり、結論から言うと、1位を取るための技術やノウハウをSEOと言っていますね。サーチエンジン最適化ですからね。

しかし、1位を取ったあとに、人間に対して、『うぉお~~~。このブログの中身、超気になるぅ~』という気持ちにさせること、さらに人間の感情と欲望レベルで最適化させること。それが、人間最適化つまり、HEO human emotional optimization なのか!? 

つまり、”CCS” chou click sitai !! です。

検索したら、Social Emotional Optimization ていう単語がちゃんとあるんですね。

このようにして、検索されているキーワードを調べて、さらにCTRを高めていくことにより、1語キーワードでも、1位に上位表示できますし。さらに、検索ボリュームの80%のアクセスを独占することができるわけです

参考記事
↓↓↓
検索ボリュームの80%のアクセスを独占する方法

メルマガもやってます。

フォローする