入れるプラグイン一覧。入れなくていいプラグイン一覧

今僕が入れてるプラグインについてまとめておきます。

『このプラグインって、どんな働きをするのか、わからないし設定の仕方もわからないけど、とりあえず入れてる』

って、人が初心者の人に多いです。なにか、

オススメプラグインの一覧みたいな記事を読んで、見つけ次第どんどん入れている人が多いですね。

プラグインを外すメリット

プラグインはガジェットです。

プラグインの役割をたとえるなら、ブログをランニングを走る人にたとえて考えてみてください。

ランニングしているランナーは、シャツ、パンツ、シューズ。で走るのが一番身軽でいいですよね。

プラグインは、追加機能なので、付属商品です。

初心者で、家のまわりをはしってるのに、ランナーに水筒をもたせたり、GPSをもたせたり、地図帳を持たせたり、されてら、わずらわしいですよね。

たとえば、あなたが家のまわりを走るだけなのに、かっこいいからって、高度計とかGPSとかついてる、山の中を走るトレイルランニングのハイテクウォッチをつけてるようなものです。

初心者ランナーが、どうやって使うかわからない高機能なハイテクウォッチつけたりしてもしょうがないんですね。

garmin

プラグインも同様で、一見便利なように見えますが、よくよく考えると『自分のブログには必要なかったな』ってものがおおいです。(笑)

gear

何のために入れているのか、わからない。つかっていないプラグインを、なんとなく入れておくことは、ブログが重くなるのでNGですよー。

今、一度、自分のブログに入っているプラグインを見直しましょう。

身軽になれば、なるほど、ブログの表示速度もあがり、結果、読者の快適性もあがり、Googleからの評価もあがります。

そして、検索で上位表示されるようになり、アクセスも伸びて、自分の収益もあがります。まさに三方良しじゃないですか?

僕のいれているプラグイン

さて、僕のいれているプラグイン一覧です。

エディター系プラグイン

AddQuicktag

リビジョン系プラグイン

Revision Control

アクセス解析系プラグイン

Google Analytics Dashboard for WP

Jetpack by WordPress.com

その他プラグイン

Broken Link Checker

Google XML Sitemaps

昔入れてたけど今いらないプラグイン

自分が初心者のときに入れてみて、結局いらないなって思ったプラグインです。

関連記事系プラグイン

Related Posts via Categories

WordPress Related Posts

まあ、これは、いらないですね。自分で次に読んでもらいたい記事にリンク貼ったほうがいいし、あとは最近はテンプレート自体にも関連記事の機能がついていることが増えているからですね。

All in One SEO Pack

SEOに効果的な記事の書き方をしらない。

All in One SEO Packの使いかたが、よくわかってない。

とりあえず入れておけば、SEO的に有利になる、

いれるとアクセスアップする不思議な魔法のプラグインだと思っている。

上級者なら、使い勝手がいいのかもしれませんが、もし、ひとつでも上記に当てはまる場合は、いますぐ削除しちゃいましょう。今のレベルならなくても困らないです。

brBRbr

Pタグを強制的に、削除されてしまうので、いろいろ不都合がおきます。

Dagon Design Sitemap Generator

PS auto sitemaps

サイトマップのページって、見る人いないんですね。

見られないページが存在することは、平均掲載順位が下がるので、SEOに不利です。

サイトマップのページはなしにしてます。

そもそも、サイトマップを見なきゃ全体像がわからないような、無秩序なブログは作らないようにしたらいいですもんね。

どのページからでも、全体像がわかるようにする、あるいは、トップページを見れば、全体像がわかる、見やすいサイトをつくるといいですよね。

PubSubHubbub

WordPress Ping Optimizer

毎日毎日、ガンガンガンガン記事は書きませんので、ピングを送信する必要はありません。

ピング系プラグインはいらないですね。

記事が少ない、全体像が見渡せる少数記事、優良品質な記事のみのブログのほうが、管理しやすいですよ。

結局、サーチコンソールで、fetch as google が出来ればいいからですね。

以上になります。

メルマガもやってます。

フォローする