直帰率を下げる方法。外部リンク内部リンク。その他施策

 

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市1975年生まれの男性です。ブログを書いて生活しています。ブログは40個あって、いろいろテストしています。ひとの役に立つブログをかけるように日々勉強しています。よろしくお願いします。

収益を安定させるには、ペナルティを受けないようにすること。そのためには直帰率を下げるのが一番大事だと思います。

直帰率は79%だと、僕の中では、直帰率高いかなー。って思います。

最初に言うと、いわゆる、一昔まえの、相互リンク集とか、とりあえず、リンク一覧表みたいなとこに、『羅列されたリンクには意味がない。』そうです。相互リンク集のリンクってクリックされないですからね。

でも、リンクって、結構、重要ですよね!アフィリで150万円以上稼ぐ、猛者たちも、『やっぱりリンクだ。って言って、ウンウン、』ってうなづいてました。この記事では、どんなふうにリンクを貼ったらいいのか?また、どんなリンクを貼ると、直帰率がさがるのか?まとめました。

リンクについて

ぼくも、『検索順位をあげるため!』と、思って意図的に、リンクを貼ることはないのですが。いつも、意味のある熱いリンクをはろうと思っています!アクセスのある記事から、属性のあった記事へ、クリックしたくなる文言を書いて、クリックされるリンクを貼ると、効果があります。

外部リンクといえば、3階層披リンクが有名ですが、僕は、サテライトサイトとか、階層をわけて、リンクを送ったりといったことはしません。

だって、3階層被リンクって、難しそうじゃないですか?しかも、ほとんど見られることがない、読者を楽しませたりすることがない。リンクを貼るだけが目的のサイトを3階層目、2階層目にたくさん死屍累々とつくるわけでしょ?それって、『自分の体力的にできないな。』って思うんですよね。

僕が、貼っているリンクは、普通に、人気ブログ記事から人気ブログ記事へのリンクです。

だって、一般人だってが面白い記事めっけたら、『面白い記事めっけたよ!』的なのりで、リンク貼るでしょ??それと同じような感覚で、自分で書いた記事同士にリンク貼るんです。

この記事を読んでいただきましてありがとうございます。この記事を気に入ってくれた、あなたは、この○○ってことについて書かれた記事も、きっと気に入ってくれるはずです。ぜひ、チェックしてね。

って感覚で貼っていきます。

内部リンクも当然ながら、さらに重要です。ぼくは、それで、直帰率を0.9%以下になるように心がけています。この記事と、この記事は、関係してるから貼っておこうー。って内部リンクは貼っていきます。外部リンクと同じ考え方ですね。

一番いいのは、自分のもってるブログ記事達が、内部、外部問わずに、密接な関係性をもって、ジャングルみたいになってからみあってる状態が最強かと思います。

そうすると、”検索順位をあげるためのリンク” では、ありませんが、読みに来てくれた、読者さんが、『あれも読んでみよう、これも読んでみよう』と、次々にクリックしてくれますので、直帰率も下がりますし、直帰率が下がると、結果として、”検索順位もあがるリンク”になります。

その他の有効な施策について

まず、いちばんにやることは、記事下に、関連した記事を4個か5個自動的に、表示してくれる、プラグインをいれることです。それについては、こちらの記事で詳しく書いてありますので、ご参照ください

関連記事を記事下に表示するプラグイン。直帰率さげる方法

有効な施策は、

・記事のボリュームを増やす。
・画像を増やす。
・動画をエンベッド(埋め込み)する。
・記事が長くなりすぎるようなら、h3 h4 をうまくつくって、ぱっとみて、読みやすそうな感じにする。

などすれば、直帰率が、劇的に下がります。

1個1個、施策するたびに、79%→32%→14%→5%→0.8% って感じです。

おためしください。

また、直帰率があがってしまうことによって、起こりうるデメリットなども、頭にいれておくと、これは、修正しておこうと、先手先手で手をうつことができますので、一度、こちらの記事も読んでいただけると良いかと思います

直帰率とは何か?上がるデメリット、下げるメリット

また、不要なプラグインがたくさん入っている状態だと、WEBページが表示されるまでに、余計な秒数がかかってしまい、お客さんが帰ってしまいやすくなります。イコール直帰率があがってしまいます。もし、ワードプレスを使っているので、あれば、いらないプラグインは、削除しておくほうが、少しページが軽くなるので、おすすめですね

入れるプラグイン一覧。入れなくていいプラグイン一覧

Similar Posts:

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市1975年生まれの男性です。ブログを書いて生活しています。ブログは40個あって、いろいろテストしています。ひとの役に立つブログをかけるように日々勉強しています。よろしくお願いします。
 

Copyright© 藤田マリオのネットビジネス , 2016 All Rights Reserved.